people

濱川 慎也

平成23年10月入社 技能者(クレーンオペレーター) 中途

入社のきっかけは何ですか?

自宅の近所の川で、どきによる河川工事の風景を普段から見てました。
また前職の造船会社でも、顧客として「どき」の存在は聞いたことがあって。同じように船を扱う仕事ですが、海上・河川に新たな橋梁や護岸を作る仕事はおもしろそうだと感じていました。
もともとモノづくりには興味があり、新たなチャレンジをしたいとの思いから転職を決意しました。

学生のころはどんなことをされていましたか?

学んだこと
水産高校機械科に在籍し、船上で実習をしたり船の構造やエンジンについて勉強しました。

部活動
漕艇(カッター部)に所属。そのおもしろさに夢中になりました。

仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。

感動エピソード
自分が携わった橋梁工事のこと。
新たに橋を架けるため、クレーンを操縦して橋の部材を吊り架設しました。
工事竣工後、その橋を通った時に「自分でやったんだ!」と改めて感動しました。

やりがい
治水工事などに携わるため、川のそばで生活する人々や橋を利用する人の安全を守るために、役立っていると実感。
私もまた川沿いの家で生まれ育ったため、治水工事に対する重要性と水害の怖さを身近に感じてきました。
だから人々の暮らしを守る工事に携わっている、今の業務にやりがいを感じます。

新入社員に求めることは何ですか?

  • 素直でやる気がある人
  • 向上心がある人
  • 自己啓発できる人
  • 自分の仕事に真剣に向き合える人

仕事で尊敬する人はいますか?

ベテランオペレーター
技術はもちろん、細かい所まで気づく能力とクレーンに関する幅広い知識を持ちあわせていて、
自分に不足している部分ばかりです。心から尊敬しています。

学生時代の経験で、今の仕事に活かされていることはありますか?

水産高校機械科所属だったので、構造やエンジンなど船について学んだことは、今でも活かされている。
また、漕艇部を頑張って続けたことで、メンタル面を強くしたと思います。

仕事の中であった、失敗談をひとつ教えてください。

日々の点検を怠り、クレーンの油圧ホースの劣化に気付かず、破裂。
数日間クレーンが使用不可となり、現場に迷惑を掛けてしまいました。
すぐに先輩オペレーターに日々の点検の重要性を教示してもらい、それからは始業前点検をしっかり行い、故障の原因を発見するとともに、事前の予防処置を施せるようになりました。

仕事の中であった、失敗談をひとつ教えてください。

現在の仕事内容、やりがいを教えてください。

仕事内容
クレーンのオペレーター

やりがい

  • 治水工事に携わり、水害から市民の安全を守っている
  • 自身の技量が上がったと感じる時や周囲の人から褒められた時
  • 自分に仕事を任せてもらえる時

どきの魅力、強みは何だとお考えですか?

魅力
施工が困難な現場や課題が山積みでも、経験豊富な技能者・技術者が揃っているため、さまざまな意見やアイデアが交わされます。そして必ず突破口を見つけ出す団結力とチーム力が特長。そんな仲間や先輩に囲まれて仕事ができる喜びと、たくさんのアドバイスが成長に繋がる環境が魅力です。

強み

  • 保有している機械・設備の種類が多さ
  • 経験豊富な社員が多数在籍。確かな技術力と現場にあった最良の工法提案が可能
  • トラブルが発生しても臨機応変に対応できる柔軟さ

どきの社員はどんな人たちで、会社の雰囲気か教えてください。

会社の雰囲気
技術向上のための自己啓発を積極的かつ自発的に取り組む、向上心のある社員が多いです。
社員同士も仲が良く、年齢・社歴関係なく和気あいあいとしています。始業前の雑談では常に笑い声が絶えず、明るい雰囲気です。コミュニケーションがとれているからこそ、業務上の連携がとれているのだと感じます。

入社後の研修で印象に残っているもの、
こんな研修があったからよかった!という研修はありますか?

あったからよかったと思う研修
師弟制度。決まった技能者に技術を一通り習えれば、安心感と信頼感が生まれると思います。

印象に残った研修
社員研修で習った、「何事でも習慣化・再現化することが大事である」という考え方。今でも日々の機械の始業前点検にも役立っています。何でもない当たり前のことを徹底的にやる「凡事徹底」が重要だと学びました。

ご自身で入社後、成長できた所は何だとお考えですか?

成長できたところ

  • クレーンの操縦技術、機械全般の知識
  • 先を読む力(状況を把握する力)
  • 豊富な経験により、平常心を維持できる

どきだからできたこと

新しいチャレンジに対して、見守ってくれる。その環境を提供してくれる。

これからのビジョンを教えてください。

キャリアプラン
クレーン全般の技術や知識を深めるとともに、自身の経験を伝えるといった後輩の指導にも関わりたい。

チャレンジしたいこと
1級土木施工管理技士の取得を目指す。

求職者の方に一言お願いいたします。

とても和気あいあいとしていて、フレンドリーです。入社後は先輩がしっかりとサポートしながら仕事を教えます。1年後は確実に成長した自分に出会えるはずです。難しいこと、わからないことがあれば、しっかりと丁寧に教えます!
安心して入社してください。

求職者の方に一言お願いいたします。

Schedule

わたしの1日

07:30
出社
08:00
朝礼、KY活動
08:15
作業
10:00
休憩
10:30
作業
12:00
お昼休憩
13:00
作業
15:00
休憩
15:30
作業
16:45
片付け、明日の打ち合わせ
17:00
帰宅

Other people

その他の社員

会社を本気で変えていく
意思を持ったメンバーが揃う。

石原 海

令和3年3月入社

技術者(施工管理・現場監督)

活躍できる場所が
一人ひとりに用意されている。

今泉 正八

平成23年9月入社

技能者(船長)

技術力にも多様性を求める会社。
いろんなことに挑戦できる。

宮脇 勝文

令和元年12月入社

技能者(鳶工)

Entry

ご応募をお考えの方は、こちらよりご応募ください。
後日、採用担当者よりご連絡いたします。